国内リリース版のRanorexで確認されている、不具合や制限事項について記載しています。

v9.5.3

Webアプリの場合、テストスイートのプロパティで設定するPDFレポートオプションを有効化しても、PDFレポートが生成されない。
v9.5.3の不具合により、Webアプリのテストにおいて、テストスイートのプロパティで設定するPDFレポートオプションを有効化してもPDFレポートが生成されません。 ロケットスタートウィザードでWebアプリを選択してプロジェクト作成した場合や、空のソリューションでプロジェクト作成してWebテストをおこなった場合に発生します。 本現象の対応策として、オートメーションヘルパーの「ReportToPDF」モジュールを使用して、PDFレポートを生成してください。 使い方につきましては、以下のブログ記事をご参照ください。 Ranorex(v7以降 対応)レポートをPDFに変換する #2
レポートのPDF変換で文字化けが発生する。

日本語設定を実施した上でレポートのPDF変換を行った場合、一部文字化けが発生します。

  • AutomationHelperの”ReportToPDF”を使用した場合
    しおり部分、Descriptionが文字化けします。
    ※テストケース、スマートフォルダ名が文字化けする場合は、AutomationHelperのバージョン更新をお試しください。
  • テストスイートの[プロパティ] – [レポート]タブ – [PDF形式のレポートを作成する]にチェックを入れた場合
    テストケースの最上位階層に表示されるテストケース名、Descriptionが文字化けします

上記以外の項目が文字化けしている場合は日本語設定が行われていない可能性がございますので、設定をご確認ください。
AutomationHelper – ReportToPDF の日本語設定
[PDF形式のレポートを作成する]にチェックを入れた場合の日本語設定

画像比較アクションのイメージベースプロパティの設定が保存できません。

画像比較アクション(ValidateアクションのContainsImage、CompareImage)のイメージプロパティを変更した場合、保存ボタンがグレーアウトされたままで、変更内容を保存できません。
イメージプロパティの設定を保存するためには、プロジェクトに関する他の内容を変更して、保存ボタンを有効化にする必要があります。

イメージプロパティは以下になります。
Downsize / Edges / EdgesSobel / Grayscale / Threshold / Similarity /

・イメージベースプロパティ
https://www.ranorex.com/ja/help/latest/ranorex-studio-advanced/image-based-automation/image-based-properties/

v9.3.2

テストスイートのタブを右クリックし、”すべて閉じる”を選択すると、予期せぬエラーのダイアログが表示される。

この現象は、v9.3.2の不具合です。エラーダイアログは表示されますが、Ranorex上で開かれているすべてのタグは閉じられます。そのため、こちらの操作をする度に、エラーダイアログを閉じるか、もしくは、1つずつタブを閉じることでご対応ください。

画像比較の類似度がレポートに表示されない。

Validateアクション(CompareImage/ContainsImage)のプロパティ設定の”Report Similarity”を”OnFail”や”Always”に変更しても、画像比較の失敗時にレポートに類似度が表示されません。この現象は、v9.3.2の不具合です。
なお、”OnFail”設定でレポートに表示されない場合は、”Always”に変更することで表示される場合がございますので、いちどお試しください。

レコーディング時に、WindowsのタスクバーにあるIMEの設定を行うと、マウスホイール操作が効かなくなる。

レコーディング時に、WindowsのタスクバーにてIMEのオプションを変更すると、マウスホイールの操作ができなくなります。
そのため、このような操作をレコーディングする場合には、IMEの設定後に、いちどレコーディングを中断いただき、再度、マウスホイールの操作からレコーディングを開始するなどでご対応ください。

IE11において、スクロールキャプチャが例外エラーにより、キャプチャできない。

IE11で、オートメーションヘルパーのスクロールキャプチャ機能(“ReportFullPageScreenshot”)を使用すると、”入力文字列の形式が正しくありません。”といったエラーが発生し、キャプチャが取得できない場合があります。
他のブラウザー(Chrome/Firefox/Edgeなど)では本現象は発生しません。
現状、こちらの解決策はありません。

v9.1.2

新しくレコーディングモジュールを作成する時の画面で、レコーディングモジュール名に全角の特殊文字を使用するとRanorexが強制終了する。

ソリューション内で、新しくレコーディングモジュールを作成する時の画面(“Add new item”)で、全角の特殊文字( _ 、*など)をモジュール名に入力すると、Ranorexが強制的に終了します。

v8.3.1

“CollectRetryErrorMessageModule”で出力されるメッセージに2バイト文字が含まれている場合、文字化けする。

Automation Helperの”CollectRetryErrorMessagesModule”で出力される エラーメッセージにて、プロジェクト名、リポジトリ名に2バイト文字が含まれていると文字化けが起きます。
※テストケースやスマートフォルダ、レコーディングモジュールにおいては、文字化けしません。

テストケース名やスマートフォルダ名、レコーディングモジュール名に2バイト文字が含まれる場合、テスト実行時のプログレスダイアログの表示が空白になる。

テストケース名やスマートフォルダ名、レコーディングモジュール名に2バイト文字が含まれると、プログレスダイアログ上に反映されず、空白で表示されます。
なお、v9.1.2では改修されています。

Edgeブラウザ上でのDOM要素が認識できない。

Edgeブラウザ上のアプリケーションを認識する場合には、対象のアプリケーションの中に “Title”情報が必要となり、”Title”情報がないページは、DOM要素を認識することができません。
なお、v9.1.2では改修されています。

iPhone Xシリーズの端末をUSB接続で認識できない。

iPhone Xシリーズの端末をUSB接続で認識できません。
なお、v9.1.2では改修されています。

v7.2.1

Chromeのユーザによって、オブジェクトが正しくキャプチャできなくなる。

Chromeブラウザのユーザを追加し、追加したユーザでChromeブラウザを起動した場合、WebアプリのDOM要素のオブジェクトが正しく認識できなくなります。

Appium連携で、iOSのモバイルテスト終了時にセッションを終了できない。

Appium連携でのiOSのモバイルテスト(safariブラウザでのテスト)において、”Close Application”アクションを使用しても、WebDriverのセッションを終了できません。
本現象の回避策として、ユーザコードで、WebDriverのAPIを使用したメソッドを用意する必要があります。

サンプルコード:
public void closeWindow()
{
// エンドポイントからWebDriverの全てのインスタンスを取得
IWebDriverEndpoint endpoint = Host.Current.TryGetAsWebDriverEndpoint();
Report.Log(ReportLevel.Info, “endpoint name : ” + endpoint.DisplayName);
IEnumerator drivers = endpoint.WebDrivers.GetEnumerator();
OpenQA.Selenium.IWebDriver driver = null;

// WebDriverの対象のインスタンスを取得
while(drivers.MoveNext()) {
driver = drivers.Current;
Report.Log(ReportLevel.Info, “driver name : ” + driver);
}

// 5秒待つ(処理を安定させるため)
Delay.Milliseconds(5000);
driver.Close(); // ブラウザのウィンドウタブを閉じる
driver.Quit(); // WebDriverのセッションを終了する
}

共通

ユーザーコードメソッドの引数が4つ以上ある場合、アクションテーブル内では、3つまでしか指定できない。

4つ以上の引数をもつユーザーコードを”User Code”アクションとして追加すると、アクションテーブル上では3つまでの引数しか表示されないため、指定できません。

そのため、4つ目以降の引数の指定は、”User Code”アクションの「Args」ボタンをクリックすることで、引数の設定画面が表示されますので、この画面で指定ください。

レコーディングモジュール名の変更で、先頭文字を小文字の英字で指定しても、自動的に大文字に変換される。

「モジュール」ブラウザにて、レコーディングモジュール名を変更する時に、先頭の文字を小文字の英字を指定しても、自動的に大文字に変換されます。

Webブラウザー上で表示されるダイアログ画面に対しての操作をレコーディングできない。

レコーディング時には、Webブラウザーのダイアログ画面のオブジェクトを認識できませんので、ダイアログ画面に対しての操作をレコーディングできません。

しかしながら、Ranorex Spy上では、ダイアログ画面内のオブジェクトは認識されておりますので、 Ranorex Spyから対象のオブジェクトをリポジトリに追加し、そのオブジェクトを使用して アクションを追加することで、対応いただけます。
※ダイアログ画面は、DOM要素ではないため、各ブラウザーの要素に含まれています。

モバイルのWebテストにおける、RxBrowserとChrome/Safari上での動作の違い。

RxBrowserは、各ブラウザーのOS(Android,iOS)標準のWebViewを使用しています。
一方で、ChromeやSafariといったWebブラウザーは、 WebViewの仕様に基づき、各ブラウザーごとに独自の実装・拡張をしているエンジン を使用しています。

上記のように、RxBrowser、およびChrome/Safariは、 すべてWebViewの仕様に基づいていることから、 基本的には、動作の違いは発生しないものと思われますが、 Chrome/Safariは各ブラウザーごとに独自の実装・拡張をおこなっているため、完全に同一の動作となることを保証することはできません。

ChromeとChromiumのDOMを同時に認識できない。

ChromeプロセスとChromiumプロセスが同時に起動している場合、先に起動していたプロセス上の DOM要素のみが認識されます。
※ブラウザ自体を閉じてもプロセスが起動していれば同様の動作になります。
※最新のChromiumベースのEdgeブラウザでも同様の現象が発生します。

そのため、以下の2点の方法でご対応ください。
・Chrome/Chromiumブラウザの設定にて、”バックグラウンドアプリの処理を続行する”オプションを無効化する
・テスト作成、および実行時には、対象ブラウザのみを起動する

Chromeに手動でRanorexアドオンをインストールするとDOM要素が認識できない。

Chromeに手動でRanorexアドオンをインストールするとDOM要素が認識できません。
本現象は、恐らくChromeのバージョンに依存した現象であり、比較的新しいバージョン(81.x以降)のChromeで発生します。

現時点では本現象の解決策はありませんので、いちどマシンをインターネット接続した上で、インストルメントウィザードからRanorexアドオンをインストールするようお願いします。

モバイルデバイスにRxServiceAppとRxBrowserをインストールできない。

サポートされているRxServiceAppとRxBrowserのバージョンは、RxServiceApp 3.2.4 と RxBrowser 3.2.4となります。
それより前のバージョンとなるRxServiceAppとRxBrowserは、サポートされていません。

RxServiceApp 3.2.4 と RxBrowser 3.2.4は、国内版 Ranorex v9.5.3以降で使用されます。
そのため、モバイルテストを行う場合は、Ranorex v9.5.3以降を使用ください。

Android/iOSでオブジェクト認識できないプログラム、フレームワークがある。

現状、以下のプログラム、フレームワークは、公式サポートしていません。

iOS:
・Swift
・SwiftUI
・UIKit
・SFSafariViewController
・Flutter

Android:
・Jetpack
・Flutter

※アプリケーションによっては属性情報などに制限はあるものの、一部、認識可能なオブジェクトがある場合もございます。
いちど、テスト対象アプリケーションにてお試しください。また、オブジェクトが認識できない場合は、座標ベースまたは、画像ベースにてご対応ください。

・座標ベース
マウスクリック操作をレコーディングすることで、クリック対象の座標が自動的に指定されます。

・画像ベース
https://www.ranorex.com/ja/help/latest/ranorex-studio-advanced/image-based-automation/image-based-automation-glance/