Ranorexは、多くのサードパーティー製コントロールをサポートする高性能なUIキャプチャ機能を搭載したUIテスト自動化ツールです。デスクトップアプリ、Webアプリ、モバイルアプリに対応しており、いつもの操作をするだけで、操作をキャプチャしテストの自動化をサポートします。

Ranorexが選ばれる理由

豊富な導入実績

業種業界問わず、さまざまな企業の導入実績

高いオブジェクト認識力

無償ツールやRPAツールでは
認識が難しいオブジェクトも確実に認識

充実したサポート

テスト自動化を成功させるための
さまざまなサポートを提供

高いオブジェクト認識力

テスト自動化ツールにおいて、オブジェクト認識の性能はテストの安定性に大きく影響します。Ranorexには、多くのソフトウェア技術やフレームワークに対応した高性能なオブジェクト認識機能が搭載されており、動的IDをもつオブジェクトも対応しています。RanoreXPathという独自の技術を使い、レガシーなアプリケーションから最新のフレームワークまで、高い精度で画面上のUI要素を特定できます。

さまざまなテクノロジーに対応

デスクトップアプリ、Webアプリ、モバイルアプリのテストをおこなえます。 マルチプラットフォームに対応したソフトウェアや、複数のアプリケーションにまたがるテストも1ライセンスでまかなえます。

デスクトップアプリケーション

.Net、WPF、ComponentOne、Dev Express 他

Webアプリケーション

JavaScript、Ajax、ASP.NET、Wijmo5 他

モバイルアプリケーション

Android、iOS のテストに対応

マウス操作とキーボード操作でテストを自動化

手動でおこなっているテストを記録するだけでテスト自動化を実現します。使いやすいインターフェイスで記録した操作を編集することができます。また、C#やVB.NETでコーディングも可能です。

繰り返しのテストもデータを準備するだけで実現

複数パターンのテストはCSVやExcelでデータを準備するだけで、繰返しのテストが可能です。設定は簡単なので、手間を掛けることなく大きな費用対効果を期待できます。

クロスブラウザーテストも数クリックで実現

Webアプリケーションの品質担保に欠かせないクロスブラウザーテストでは、作成したテストシナリオを異なるブラウザ―のテストに流用できます。さまざまな環境で動作するWebアプリのテストを効率よく実施できます。

さまざまな検証を自動化

フィールド値、表示画面などの検証機能を豊富に取り揃えています。

  • フィールド値比較
    期待値を直接指定する以外に、外部データソース値、正規表現を使って指定することも可能
  • 表示画面比較
    比較対象の画面を絞ることも可能。レポートは期待画面との差分を表示

充実したサポート

テスト自動化を成功させるためにさまざまなサポートをご用意しております。
これから自動化を始める方のみならず、テスト自動化をより効果的におこないたい方にもご利用いただける内容を提供しています。

日本語での問い合わせ

無償ハンズオンセミナー

セミナー・トレーニング

Blog

ユーザーガイド

テスト自動化支援サービス