Ranorexは、AndroidまたはiOSのモバイルアプリに対し、テストの作成・実行がおこなえます。 また、Ranorexは、豊富な種類のデバイスに対応しており、同一のOSであれば、1つのテストで、クロスデバイステストもおこなうことが可能です。
Ranorexには、モバイルアプリのテストを自動化するさまざまな機能が備わっており、モバイルアプリのテストの確実性と効率性の向上に大きく貢献します。

様々なモバイルアプリに対応

ネイティブアプリ・Webアプリのテスト作成をおこなうことができます。ネイティブアプリの場合、Ranorex Service Appを使用してテスト作成・実行をおこないます。Webアプリの場合、Ranorex専用のブラウザー”RxBrowser“を使用しますが、Appium連携の機能を使うことでSafari/Chromeブラウザーにも対応可能です。UIWebView、WkWebViewなどのハイブリッドアプリにも対応しています。

デバイスからオブジェクト情報を取得

Ranorexには、モバイル端末上に表示されたアプリケーションのオブジェクト情報を取得するための、Ranorex Spyというツールが搭載されています。Ranorex Spyでオブジェクト情報を取得し、各操作(アクション)を追加するだけで、テストシナリオの作成がおこなえ、実機もしくはエミュレーター上で再生することが可能です。また、作成したテストを編集する際には、コードを記述する必要はなく、マウス操作で編集をおこなえます。

オブジェクトベースでのテスト作成

取得したモバイルアプリのボタンやテキストフィールドといったオブジェクトにタッチや検証といったアクションアイテムを簡単に設定することができます。オブジェクトベースでテストを作成するため、端末の解像度を考慮する必要がなく、クロスデバイステストを容易におこなえます。

USB/Wi-Fi接続でデバイスを認識

テスト対象アプリをウィザードに従ってインストルメントし、USB経由で実機にデプロイすれば、テストの作成準備が完了します。 Ranorexにインストールされているマシンに、テスト対象のモバイル端末をUSBもしくはWi-Fiで接続することで、Ranorexは端末を認識することができます。

簡単な操作でアプリをセットアップ

テスト対象アプリをウィザードに従い、デバイスにインストルメントすることで、簡単にセットアップできます。

ジェイルブレイクもroot化も不要

実機あるいはエミュレーターでテストを実行するのに、ジェイルブレイクも、root化も必要ありません。